2010年06月22日

【サカり時か?】「LOVERS(ラヴァーズ)・ここな編」【白い女猫】 5

jlhijcdjmxdhy



  ここなさん。
    (“女猫”はあくまでモノの例えです。)






昼間、仕事にボコッと穴が開いた。
顧問弁護士の所へ約束の時間ピッタリに着いて、担当秘書に声をかけた。

「申し訳ありません、○○は本日、体調が優れず先ほど失礼いたしました。」
「○○からは、くれぐれもよろしく、とのことでした。」

「はぁ?」

電話の一本くらいしてこいや!ゴルァ!ってな勢いだが…

ケッ!

まぁ、いい。

そのまま新橋の駅から山手線に乗り込む…。
暑さも手伝って、身も心もムラムラだ。

こうなりゃぁ、もうヤケクソ。

「行け!」と。

はい、鶯谷直行で〜す!

=====================

駅に着いたらサッサとホテルへ乗り込む。
でも、アテなどない。

ケータイのfu-townから、掲題の店を適当にチョイスした。

LOVERS(ラヴァーズ)。

そんなの知らん。
まぁそれでも電話してみた。

オレ「あぁ、もしもし。適度に良さげなのを見繕って送ってください。」
電「ありがとうございます。お客様?どんなコがお好みですか?」
オレ「ん?あぁ、美人で細身で若くて比較的天然乳が大きいのを頼む。」
電「わかりました〜!」
オレ「はいはい、よろしく。」

ブチッ ← (電話を切る音)

“そんなの、居るわけねーだろ!”と、
オレはもちろんのこと、店側もきっとそう思っているに違いない。
ま、余計なことを考えるのは止めておこう。

そこから20分後。

“コンコン!”

女がやってきた…

【店 名】LOVERS(ラヴァーズ)
【対 戦 者】ここな
【ルックス】似顔絵からは想定内。笑って済ませる範疇。
【スタイル】163cmくらいか?悶絶色白レベルで美肌はスベるスベる。
       普通体型も酒好きからそろそろ限界が近い。
       脚は思ったよりも細いが本人は不満気。
       天然巨乳はFクラスでとても大きい。
       乳輪・ティクビは意外にもキレイなほうか。
       エロすぎるカラダつき。

【タ イ プ】学生風。      
【年 齢】 意外に若い気がするのだが…。
【サービス】

女が来たようだ。
ソッとドアを開けてみる…。

 … 。

女は、ほぼスッピンでやってきた。

オレ「なぁ、なんでメイクしてないの?」
女「え?あぁ、はい、学校から直接来たから…」
オレ「が、学校?学校だぁ〜?」
女「は、はい…。」


 「学校から直接…」


             「学校から直接…」

                       「学校から直接…」


あぁ… なんと甘美で切ない響きであろう。

「学校から直接来ました」と。

オレ「あぁ、暑かっただろう? さ、中に入って!」
女「ありがとうございます。」

この日、ホテルには比較的客が入っていた。
賞与のシーズンということも相まってなかなか街は盛況だ。
ホテルは狭い部屋しか空いていなくて、オレと女はベッドの端の部分にピョコっと腰掛けた。

女は日本語の発音はどこか可笑しいが、それでもペラペラな部類。
会話に困ることは一切なく、話は弾む。


それにしても…。

服の上からでも、そのカラダつきがエロい様子は手に取るようにわかる。

ムラムラしているおっさんは、無意識に手がブラウスのほうへ伸びる。
ブラウスの上から、その巨乳を軽〜く揉んでみる…。

ほぉ〜。確かに天然巨乳。
ブラの上からもモミ感が心地良い。

女の様子は?と言えば、何やらモジモジした感じ。イヤがる感じはまるで無く。

「あれ?」って思った。

オレは調子に乗って、ブラウスのボタンを上からプチプチと外していった。
紫色の派手なブラの中に手を突っ込んで巨乳をモミまくり!
そのうち、手の先にあたる乳首をクネクネと弄り始めていた。

すると女、ピクンピクンに反応を始めた!

オレはまたまた「えっ!」 と。

チャンス到来。

今度はブラのカップから乳頭をヒョイっと出した。
もう、そこでしゃぶりまくりだな!

女、鳴くは身悶えるはで、それはもうたいへん。

たかだか、乳首しゃぶりだけでこの反応だからね。

「マソコ弄ったらどうなるだろう…」って、男ならそう思う。

女はショートのパンツだった…
そのパンツの上から、マンスジあたりを強めに指先でなぞる…

時間にして1分くらい、そのまま弄ってた。
女は「あ… あ…」って感じで囀ってる。

いい調子。

おっさんは「エヘヘ」と思いながらマンスジに夢中。
パンツの上からでも、何やらマソコが熱くなっているのはよくわかる。

「いいねぇ〜」と思いながら、オレは何気にパッと顔を上げた。

その時だった。

女に完全にスイッチが入っちゃった。

女はオレの両の頬あたりを両手で押さえ、


 超濃厚DK。


「うっ!」

驚くオレ。 もちろんビックリした。
女は「ん…」とか言いながら、それこそ激しくオレを求めてきた。

それに応戦し、DKはさらに激しく…

女はそれでもどこか器用だった。
熱すぎるDKかましながら、今度はオレのパンツを脱がしにかかる。

「ありゃま」と思いながら、ここはオレ自身、その「脱がし」に同意、手伝う。

もう、バキバキに唸るオレのサヲ。

女はそれを見て、オレに言った…

「ねぇ… ごめん。 ちょっと立って…」

「ん?」と思いながら、オレはそのままベッドの上で立ち上がる。
女の目はトロ〜ンとしやがって、どこか「逝っちゃって」た。

ハァハァ…

女、本能の赴くまま、オレのティンコをしゃぶり始めた…。
今日のオレはジローラモでは無い。

ザ★即尺

で、その即尺。
上手いなんてレベルじゃぁなかった。

女は正座した状態で、両手は太ももっつか膝の上。

そう。ノーハンドでオレのをしゃぶりあげる。

それもただしゃぶりあげるだけではない。
パックリと亀頭まで完全に口に含んで、
その亀頭の裏側を舌全体でベッラベラに舐め回す。

時々、パッと口を離す。
で、尿道口に上下の口唇をあててさ、ジュルって感じで先走り汁を吸い取る。

かと思えば、「んぐ…」とか発しながら、根元までパックリ咥える。
当然ノーハンド。で、その状態で女は頸をグルングルンに回し始める…

有り得ない… おっさんはえらく感動した。

そんなことを女は延々と繰り返していた。
唾液もダラダラで口から溢れ始めていた…。

「そろそろかな?」と思い「あぁ、ありがとう。さ、シャワー行くか!」
女にそう伝えた。

ところが…。

女はオレに言う。


 「イヤです!」 と。


オレ「へ?」

なんだか女は朦朧としていて、女の日本語も何を言ってるのかよくわからない。
ま、女の言うことを要約すれば、


 「お願い… このまま…」 ってことらしい…orz


オレ「えぇっ!」

オレは自分勝手な人間で、即尺は好むが、即ハメは好まん。
前の客のザーが膣壁や子宮口に残る状態で、なんて耐えられん。

ん? いや、待てよ…

オレ「学校から直接来たって言ってたっけ?」
女「は、はい。」

OK。

女を真っ裸にして横にした。


 渾身のクンニ。


オレは自分の持てる技術を結集し、クンニに集中。


女を 噴かしまくった!


何度も何度も逝っては果てる女。
延々とそれの繰り返し。

「お願い!お願い!オニ〜サン!もう… お願い〜!

あらっそ。

では、そろそろ…


キラキラ!

★ズブっと一閃★

メリメリっと。

女、目をカッと見開き、次の瞬間、


 「あぁ…」 って。


こんな女です。
あとはご想像通り。

上に乗せりゃぁ音速嬢王。
バックで突きまくれば、地の果てまで届くような鳴きっぷり。

女の生の膣肉は温かく、それがペタッとサヲに纏わりつく。

「そろそろ…」と思い、女の一番奥の部分に、


 「妊娠しろ!」 くらいの勢いでブッ放す。


凄い量がゴフゴフッってな感じで逆流してきた。

特濃男汁。

いつだって一番奥にブッ放す。

【まとめ及び特徴など】
多少の雰囲気を作って、始めてしまえば勝手に火か着く女。
楽勝だと思う。で、その着火点も恐ろしく低いからね。

結局、仕事と割り切れない。

いちいちセクースしてしまっていると思われる。

ザ★濃厚プレイ

性格的には明るいコ。
日本語OKなのでコミニュケーションもラクでしょう。
朝鮮口臭なし、マン臭なし。いや、むしろ何かつけていて良い匂い。
喫煙、落書き有り、自傷行為無し!

出張風俗,デリヘル情報「遊遊ネット」

韓国デリヘルナビ



鶯谷 デリヘル 風俗 イースポット

five5140 at 21:00コメント(2)釣果報告・鶯谷編  

コメント一覧

1. Posted by HG   2010年06月23日 00:43
「萌えるボインちゃん」

ネーミングセンスだけなら最高レベルだな。
こっち使ってみてもよかったか!?

どこかの店の方、オレに看板1つ命名させてもらえませんでしょうか。
引き出しの奥に店名アイデアがたくさん仕舞ってあるのだが…

韓デリブロガーの方、そう言えば韓デリブログタイトルのアイデアもいくつか溜まってきていて使ってみたいのだが…。ここを変えるのもちょっとねぇ。どこかで使いたいのよね。
2. Posted by チンコ   2010年06月30日 09:50
初めて逢った時に6月で辞めるとか聞いたような気がする。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新記事(画像付)
鶯谷のお天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
Profile

HardGay

Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ