2010年06月16日

【梅雨時ですが】「モデル・ありす編」【ネッチョ〜リと】 5

じめじめした梅雨時ですな。
こんな時期に限って濃厚プレイになったりするあたりが…。

【店 名】モデル
【対 戦 者】アリス
【ルックス】目鼻立ちのクッキリした人。美人系。
【スタイル】165cmくらい。やや細身で色白系。
       脚も結構スッとしてますかね。スタイル上等。
       ケツは大きくて丸い感じのバック向き。
       乳は天然で大きいが年齢的なものは感じる。

【タ イ プ】役員秘書風。
【年 齢】 知らない。
【サービス】

はいはい、それではこちらへ…。

手を口に当て、ハニカミながら黙ってオレの言うことをきく女。

ベッドの上でお互い胡坐かく格好、こんな体勢で始めてみた。


軽く口唇交わす。

女の唇は柔らかいね。心地良い。
オレは舌を思い切り先に伸ばして、
女の唇をベッラベラに舐め回す…

女も「ん… 」とか言いながら舌先伸ばして応戦してくる。

互いに大きく口開けて、唇舐め合い、ときに舌思い切り突っ込んでの、

ネッチョ〜リ★DK

ときに女は興奮しまくりで、エロな声を少し漏らしながら、
オレの首に両腕巻いてきたと思ったら、そのまま瞬時に髪を掻き毟ってきた。

「ありゃりゃりゃぁ… なんか凄ぇなぁ〜。」

などと頭で考えていたら、女、胡坐の体勢からスクッと両膝で立ちあがる。

で、そのままオレの頭を自分の胸に押し付けてくる。

「そ、そうですか…」などと思いながら、
グニュグニュに豪快に乳を揉みしだきながら、
ブリュッブリュに乳首しゃぶったった。

女は、カキーン!と乳首を勃たせながら、
「あぁ… 」などと声を漏らすと、
後はキュンキュン鳴きまくり。

とにかく感度の高さは本物だ。

オレはオレで一向に手を休めたりしない。
容赦の無い乳攻め。

すると、女。

どうにも自分の口の中に何か突っ込んでいないと気がすまないらしい。

乳しゃぶりながら、グニュラグニュラ揉みまくるオレの左手を奪って、
オレの人差し指と中指の2本を、自らの口に突っ込んじゃった!

「うわっ…」

指フェラ。

乳しゃぶるオレ。指しゃぶる女。

女は小刻みに腰を前後に震わせている。

「あぁ、そうでしたか… 忘れてました。」

ってなもんで、マンスジに空いた右手の中指のハラをツーッと。

するとそこは… 当然にヌレヌレ。

どスケベ。

女の肩を軽く小突き、そのまま押し倒す。

ん?いや、つまらん。

仰向けに押し倒された女をそのまま引っくり返す。

うつ伏せだ。

そのまま四つん這いにさせる。

そう、


  逆orz  ← これはオレじゃぁなくて女の体勢。


いつもはオレがこんな格好だが、女にこの格好をさせてみた。

で、後ろからマムコを舐めまくるわけ。

ピッとクリ豆の上の肌を引っ張ってクリ豆を露出させる。
そのクリ豆を濡れた親指のハラでピンピンと撥ねながら、
舌先に思い切り力入れてその舌先を硬くして、ニュルッとマムコに舌先突っ込む。

「ヒッ!」とビックリする女。

それはそうだろう。

でも、そんなのは一瞬であって、
次の瞬間からは「あぁ… 」のエロ鳴き。

クリ豆は、みるみる大きくなって、

マン汁ジュボらジュボら。

オレは顔面にマン汁を浴びまくり!



もう、舐め・穿り・舐め・穿り… エンドレス。
女を喜ばすだけ喜ばして差し上げた。

ブッ倒れる女。

傍で「ニヤニヤ」しながら「ヒヒヒ!」と笑うおっさん。
端から見ると、きっとそれは気持ち悪い光景であろう。

「オニ〜サン!チョオトマッテ!」とか女は言うので、ここで暫し休憩。



で、再開。

オレは仁王立ちだ。

女はオレの股座に顔突っ込んで、
タマ付け根やら門渡り辺りをチロチロと舐め回す。

そのまま流れるように、デカいオレのキンタマ袋をチロチロと舐め回したかと思ったら、
そのキンタマ袋をパクッ!

キンタマ喰いチューチュー。

口の中は生温かく、同時にタマには軽い鈍痛が。
う〜む…。その鈍痛が実に心地良い。

女は実に丁寧にキンタマ袋を口に含んでいるので、
オレのほうは流石にそろそろサヲをジュポラジュポラ…
そんな心情。

「はい、じゃぁこちらで!」

ニコッとイヤらしく笑う女。
何か、すべてを見通されている感じだな。
少し恥ずかしいような…

まぁいいけど。

女、サヲの付け根から亀頭に向かって、

サヲの裏スジをチロチロシュッシュと舐め上げる。

で、亀頭までそれが行くと、ブアッと口を大きく開けてサヲを咥え込む。

カリ首まで咥えると、そのまま舌をグルングルンと大きく動かす。


これがまた、えらい気持ち良さ。

「あぁ…」ってなモンで。

で、しばらくするとストローク開始だ。

仁王立ちフェラ状態なのだが、この女、手を一切使わない。

オレの両太ももにそれぞれ手を置いて、口だけのストローク!それ一本!

ジュポジュポと涎ダラダラでしゃぶること、しゃぶること。

高速・低速のバリエーションに、

時々ディープの「んぐっ!ングッ!」ってヤるわけだ…。


タマラン。

危く逝かされそうになる。
ヤバいね。どうにも。


ってなわけでそろそろ始めることになりました。

ズブッと一閃★キラッ!


正常位では有り得ないほどDKかましながら、腰をスコスコ…

女は両脚をピキッと天に向けてなぜか大開脚。
マン汁溢れてオレの太ももまでビチャビチャだ。


体位を変えてみた。

女が上だ。

始めは通常座位から。

ここでも女は最大限のDKを要求。それに無事応えるオレ。
口唇交わしながら、女はスコスコと器用に腰を前後に動かす…。

う、上手いな…。

そのまま騎乗位に移行する。

女はオレの胸に両手を宛てて両ヒザを立てる。

そう、


  超M字開脚。


肉と骨はあたらない。

ニュラニュラと出入りするオレのティンコを必死に覗き込もうとする女。

エロすぐる。

これは実に気持ちイイなぁ。

「はい、じゃぁ、もうここらへんで逝っとく?」みたいな感が頭をよぎる。

すると、女。

ニコッとしながら、ハメつつそのままクルッと180度回転しやがった…。

で、出入りする様子・中の膣肉を引っ張る様子をオレに見せ付けやがる。

orz

バックに移行する。

ボリュームあるケツ肉鷲掴みでパンパンパンパン!突きまくった。

そのまま、逝っとけ!ってなモンで、ブアッ!とブッ放す。

ビッと引き抜くと、瞬時にゴフッ!と溢れてきやがった。


特別濃厚な男汁120%が大量に…


ドロドロドロドロ〜っ!


はい、お疲れさま。


性格的には穏やかで優しいコ。日本語カタコト、
朝鮮口臭なし、マン臭なし、非喫煙。

韓国デリヘルナビ



鶯谷 デリヘル 風俗 イースポット

出張風俗,デリヘル情報「遊遊ネット」

five5140 at 22:30コメント(1)釣果報告・鶯谷編  

コメント一覧

1. Posted by 艶魂   2010年06月17日 01:22
久々に立ちました。。

(*´д`*)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新記事(画像付)
鶯谷のお天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
Profile

HardGay

Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ