2008年07月

2008年07月31日

yurhjvchyfsdjkgfhj


なんとなくこっちの写真で。










いつものように寄せられたコメントを認証していた…。

すると…

「はぁ〜?? フ、フルーツだぁ〜??」

思ってもいない話が目に入ってきた。

「マ、マジかよ… 」 と。

ブァーっとラブコールのHPに飛んでいく…。

「うはっ、間違いねぇ。こりゃフルーツやんけ。」と。

気が付けば、電話番相手に早速予約を入れていた自分だった…。


去年、1度来てもらった(2007年9月9日付 本文記事参照)。
まぁ、あまり裏返すタイプでないのでそれっきり。
でも、「もう1回くらい来てもらえばよかったかな?」とは思っていた。
「若いし、ま、もう来ることは無いだろう…」 そんな風に考えてはいた。

それでも、ワケなんぞ知らんが、フルーツが再度出稼ぎに来たのはこれ事実。

乗るしかなかった…。


【店 名】ラブコール(Candy)
【対 戦 者】プリン(リサ)
【ルックス】オレ的に断然好み。おまけの 7.5
【スタイル】色白中背だが、少し太ったなぁ…。そんな気にする程じゃぁないけど。
       美ケツプニュ良好・天然巨乳の部類だが、決して美乳ってわけではない。
       変わらず乳輪は小ぶりの、左ティクビは多少は凹んではいる。


オレ「少し、太ったか?」
女「日本はお菓子とパンが美味しい。パンがホント、美味しい。食べ過ぎた」

ま、再来日1週間程度で目に見えて太ることはないわな。
怠惰な毎日を過ごしていたのであろう…。

【タ イ プ】大学生風。
【年 齢】 23歳「らしい」。聞いてもいないのにアピールしてた。意味不明。
【サービス】

ホテルのドアを「コンコン!」と勢い良く叩く音。
「あ〜、はいはい、ちょっと待ってね」ってな感じでドアを開ける。

ドアを開けると、そこにはまたも エロ格好 の女が…。

完全スケ倒しのノースリーブに、
巨乳女御用達の巨大カップの赤いブラ…。

頭には、ど根性ガエル!のヒロシみたいなサングラスが乗っていた…。


おい、捕まるぞい…。 orz


ま、知ったこっちゃないけど。

“まぁ、でも、変わらんなぁ〜”、などと、自分勝手な感慨に耽っていると、

女は何やら目を剥いてビックリしている。


「オニ〜サン!ドシタ?」

「ん?まぁいいから。入って。」ってな感じでホテルの部屋へ招く。



オレはフルーツを1年前に、たった1回しか来てもらったことないのだが、
女はオレのことをよく覚えていてくれた。

そのときと同じホテルで同じ部屋だったそうだ。
オレの偽名も、女相手に言うニセ職業も、ニセ年齢も、
そのほか話した、他愛も無いことまで全て覚えていた…。

感心した。
すっかりと心を鷲掴みされたオレだった。

ま、いろんな話をしたのだが、時間も時間なのでシャワーへ誘う。

女はご丁寧にオレの服を脱がしてくれる。
脱がし終われば女も服を脱ぎだす。
何やらモジモジしながら服を脱いでる意味はよくわからなかったわけだが。

まぁいい。

シャワーに行けば女は鼻歌交じりでオレのカラダを洗う。

「コッチ、スキ、デス!」とか何とか言いながら、
女は自分の手のひらに大量のボディソープを取って、
手で直接首筋あたりからつけてくれる。

オレはスポンジとかでカラダを洗われるのがイヤなタイプで、
女の手で直接に洗ってもらうタチ。
女はどうやらそのことを覚えていて、さっきはそれを言ったみたいだった。

よく覚えてんな、と。改めて感心した。

ま、いちいち気分が良いわけですよ。


女がティンコあたりを洗ってくれているころは、オレの両手もヒマを持て余している。

そこでオレも両手に大量にボディソープを取って、
白い巨乳で遊びだす。

女は視線を落としながら黙々とティンコを洗っている…。

緩急をつけながら揉めるだけモミしだき、
巨乳はソープの影響で必要以上に波打ちながら、
凹み気味のティクビがピクンピクンと勃ち始めてる…

すると女はティンコ洗いの手を止めて、
両腕で巨乳を寄せながら、手でマムコを隠しつつ、何やら恥ずかしそうにしている…


まぁでもね、この女、こういうところが可愛いと思いますよ、
そんな仕草がね。

最高であります。


さて、シャワーも終え、それでは一戦交えますかぁーっ!と。


オレは一息つきたくて、タバコに火を付ける…。

女はというと、何やらバッグの中をガサガサとやっている。

見つけて取出したのは巨大なジェル。

「あれ?そんなモン必要だったっけ?」とオレが女に言うと、
女はニヤリとして、その巨大なジェルを再びバッグに仕舞い込む。

女はそのままベッドに向かい、一人ベッドに潜り込んで行った…。



先行で。


と言っても、まったりとスタート。

デカ乳をニヤニヤしながらモミまくりで。
なんだか、それだけでティクビがパキパキしてきてるし…。

「ふ〜ん…」と思いながら、一気に豪快に巨乳にむしゃぶりついた。
両手で白乳をグニュグニュ揉みつつ、しゃぶり倒す。
女は「ヒッ!」とか言いつつ、切なく囀り始めるし…。

胸の谷間に顔埋めて、両乳寄せて遊んでたら、
女は両手でオレの頭を押さえて、更に押し付けて胸を振ってくるし…。

まぁしかし、エロいなぁ、と(笑

で、飽きてきたら、今度はDKの嵐。

お互いに唇をずらしつつ、その唇を舐め合う感じで。
そんな軽いものから、豪快に舌を絡め合ったり。
DK好きっぷりは全然変わってねぇ。

なんか、舌に鈍痛走るくらい、DK咬ましてた…。

その流れで女の全身舐め回しつつ、マムコへ移行する。


「相変わらず、小せぇなぁ〜」ってな、

              極小 テラ光り


まぁ〜でも、ちと、使ったなぁ…感は否めない。
あの当時の使い込んでいません感は見る影無かった。

いいけどね、別に。

で、クリ豆の皮剥いて、まずは丁寧に舐め上げるわけ。
慣れてきたところで、舌のハラと舌先使いながら豪快にズリュズリュ舐め回す。
女はキュンキュン鳴きながら、首を上げてその様子を覗き込んでくる…。

この女、どの場面でも覗き込むのが相当に好き。

ま、こっちもそれがわかってるから、わざわざ派手に振舞ったりするわけだが。

で、まぁ、女はここでギブ。「ムリ、ムリ、ムリ」と。
「そう?」ってな感じでマンに指のハラ当てりゃぁ、
グチュグチュしてるから、「そだね、まぁいいか。」と。


戦闘開始。


女の脚を開かせ、先っぽ当てて、クリ豆から入り口から、クチュクチュさせて遊んでいたら、
女は上半身起こして、オレの首に両腕巻いてきて、

「早く挿し込めや、ゴルァ!」と。

はい、承知致しました。


『ズブっと一閃』


ま、その…。 
極小のマムコへの挿さり具合って、画的にはもの凄く良く映りますよね。
なんでですかね?

とりあえずオレが上で身を寄せる。

奥までブッ挿した状態で、まずは特段に動かずに、しばらくは、ザ★情熱DK

でも、その状態でも、女は腰をモゾモゾ動かしてるし…orz

「はいはい、わかりました」

オレは上半身を起こして、女の腰の辺りに両手を持っていって、渾身の腰フリ。

女は首をブンブンと横に振って鳴きまくってる…。

頃合を見て、今度は女を上に。この女、特に座位系が好き。
両腕でオレの頭を巨乳に押し付けて、自分で豪快にスコンスコン動くのが特に好きな模様。

と、思えば騎乗位系に移行して、オレの空いた両手を乳の所に持っていき、


  「乳揉んで   と。


やっぱ、ここも変わってねぇ(笑


美ケツ鷲掴みの獣バックを回遊して、最後はやっぱ正常位。

豪快DKベラ噛ましながらブッ放す。
興奮度とザー量は見事なまでに比例する。
射出感100%でありました。


2008年、夏。フルーツと汁に塗れるのはちょうど1年振りでありました。



【まとめ及び特徴】…『省略』

性格はムダに明るい。日本語は単語十分。会話に特に不自由は無いでしょう。
朝鮮口臭なし、マン臭なし、喫煙者

【特記事項】蝶の華麗な舞は健在。
【総合評価】8.9

むしろ、成長していた。

気分良いね。凄く。

five5140 at 15:49コメント(4)釣果報告・鶯谷編 

2008年07月28日

b0f59e15.jpg



あぁ懐かしき、
 バニラが誇る、初代エース・みき嬢。








じゃぁまずはプリン嬢の前に、軽くフェイントから。


暑苦しいですなぁ、毎日。
そんな中、おばはんからお電話が。

婆「しばらくだね。」
オレ「あぁ。」
婆「若いよ。可愛いよ。どうする?」
オレ「“どうする?”って… 行くよ、そりゃ。何の為に電話してきてんの?」
婆「何時?」
オレ「ん?あぁ、仕事終わってからでいいかな?○時くらいで。」
婆「わかった。よろしく頼むよ。」

なんか、いつも簡単だな…。二言三言だろ。
これでいいのかな?いつも軽く売上立てやがって。

ケッ!

【店 名】シルエット
【対 戦 者】みるく
【ルックス】薄くて好み。7.0
【スタイル】小柄で肌ツルツル。やや細めのプリケツ・美脚系
       小柄な割りに脚が長く見える。天然B程度、乳輪・ティクビ小ぶり
【タ イ プ】子ども
【年 齢】 若い。
【サービス】

ま、あの…
いくらなんでも緊張し過ぎでしょうよ…。ガッチガチじゃねーか。 結果、


  ホント、全然喋らん…orz


ううっ…!


ま、いいや。始めっか。



1.DK…
う〜む…。軽い。
でも時間の経過とともに舌を突っ込んでくるあたりは、
ま、そう考えれば合格点ギリか。
細い肩を抱くと力入ってる様子がアリアリ。

2.乳…
小振りも、まぁ、モミ感は十分。
ニセ乳のエセ喘ぎよりは100倍マシ。
揉んでるだけで若いのは理解する。

3.鳴き・反応・濡れ…
ホント、鳴かないから。
ホント、反応無いから。
んでもって、濡れないんだよ…orz

あぁ、時々、声が漏れる程度かな…。


くっ!


4.リップ攻撃…
無い。

5.フェラ…
単純だけど、一生懸命やるし、これは合格。

6.マムコ…
で、問題のコレなのだが。

ま、一般に比して下にある。
それはいい。
いやぁ〜、


  これがカナ〜リ、絞める。


最初、「ん?」と思った。
入っていかないんですよ。
そりゃ濡れてないのはわかっていた。
しかし、それ以前の問題。

「あれ?」と思いつつ女に指示を出す。

とりあえず立ち上がり、仁王立ちフェラ。
有り得ないほど唾液でティンコを濡らすよう、指導する。

で、ティンコはテカテカ。


はい、じゃぁやり直しで。


《ズブっと一閃》


ヌメヌメヌメ〜と掘削ドリルは突き進む。

で、まぁ、根元まで放り込んだのだが…。

「ん〜っ?」


  なんなの?この締め付け感は。


「有り得ねぇ〜!」って思いながら、
上に乗ったカエルはフゴフゴと腰を振る。

おまけに、女はここから狂い出すし…。

単に「挿入派なだけ」なんだと!… orz

始めから言えよ、そのほうが手間省けるのだから。

いやぁ、ホラ、マムコが濡れてないじゃないですか。
これがいいわけですよ。

と思いつつ、抱いた女のケツの割れ目上部に手を添えると、
なぜかマン汁がここまで達してビシャっとしてるし…

よくワカランです。(笑

またねぇ、タイプが子どもじゃないですか。
その子どもが「へぇ〜、こんな鳴き方すんのかよ!」と。
そのギャップが…。


萌えた…。


上に載せりゃぁブンブン動くし、
四つん這いに美脚開かせ、プリケツ鷲掴みバックで獣の如く突きまくる…

奥までブッ挿し、根元をキュッと絞めたトコで、サーっとティンコを引くわけですよ。

膣壁の纏わり感と絞め感がタマランわけです。

それにしても、


なんという、マムコのコンディション。


笑った。

もう、喋りとか、どうでも良かった。




小ぶりマムコ。


7.抱き心地他…
これはカナリ良い。

8.まとめ及び特徴…


マムコ。それ一本。


一芸に秀でています。
ま、単純に使い減りゼロっちゃぁそういうことかもしれませんけど。



性格面等は素直なコなんだと思う。
ただ、緊張がハンパないので、それをいかに排除するか、そういうことかと。
日本語ゼロ、朝鮮口臭なし、マン臭なし、喫煙者

【特記事項】背中に名前が彫ってあった。詳細は忘れたけど。
【総合評価】7.5(口開け加点堂々含む)

マムコ評価一本。

ま、求めてるものはそこだけなんで、別にそれだけで良いです。
若いのはいいっスよね、やっぱ。

five5140 at 19:44コメント(8)釣果報告・鶯谷編 

2008年07月15日

heilurger

内緒。




各位
                                釣果報告の会管理人


      皆様の善意に基づく情報提供はこちらまでお願いします〈Part10〉


 拝啓 盛夏の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて、皆様におかれましては日々の韓デリ活動のなか、貴重な情報をこの blog に
ご提供いただき、たいへん感謝している次第であります。

ただ、当方危惧しておりますのは、せっかく皆様からお寄せいただいた情報、
記事更新の度に「埋没してしまっているのでは?」ということです。

それでは情報提供者にあまりにも申し訳ない、ということで、
お寄せいただく釣果報告の専用カテを設けております。
情報提供者の皆様、よろしければ今後はこちらまで、
釣果報告を行っていただければ幸いです。
コメント欄に書き綴っていただきますよう、お願い申し上げます。

こうすることで情報の一括管理がなされ、貴重な情報が埋没することもなく、
また、情報を希望する人たちにとりましても、より情報収集がしやすくなると考えます。

今後とも情報提供いただく皆様には、何かとお世話になることと存じますが、
どうかよろしくお願いいたします。   
                                      敬具

five5140 at 09:14コメント(408)釣果報告専門…善意の情報提供はこちらまで。 
最新記事(画像付)
鶯谷のお天気
QRコード
QRコード
Profile

HardGay

Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ